banner

包丁の名産地と堺市

包丁の有名産地と人気メーカー!

包丁の有名産地と人気メーカーです。日本には刃物の有名産地があります。新潟の三条・燕、岐阜の関市、大阪の堺です。
これらの産地で作られた刃物はその高い品質で世界的なブランドになっているものもあります。
忠房は鍛冶の街三条市を代表する老舗製造会社の高級和包丁です。藤次郎は新潟燕市発の世界的ブランドです。
グレステンは高品質のステンレス「グレステン鋼」を使用した新潟産の最高級ブランド包丁です。ブライトはプロの理想の切れ味と使いやすさを追求した燕市産の高品質刃物です。
正広は岐阜県関市にある包丁製造トップ会社のステンレス製で、3段階焼き入れでとぎやすさと切れ味の持続性を誇っています。 日本でも最も人気のあるメーカーの一つです。堺孝行は日本三大産地の一つの堺市の老舗メーカーの刃物です。木屋は1792年創業の老舗刃物店で高品質の包丁を送り出しています。ミソノ包丁は関の孫六で名高い関市の高品質刃物です。ここまでが和の 産地とメーカーです。和の基本は柳・薄刃・出刃になります。
洋包丁では、世界的に有名なヘンケルス、熟練のマイスターが手がけた高品質のドイツ製ステンレス刃物です。ヴォストフはドイツ・ゾーリンゲン製の高級洋刃物です。ビクトリノックスは優れたデザインと切れ味のよさを併せ持ったスイスのブランドです。プロの世界で三徳は洋の刃物のことを言います。
プロ用の刃物は鍛冶屋さんの手作りで一本一本出来が微妙に違うのです。堺の刃物は日本全体のシェアは7%にも満たないのですがプロの料理人の80%以上が愛用しています。600年の伝統を持つ堺の製造技術の高さのためと言われています。堺では他の生産地と違いそれぞれの工程に専門の職人「匠」がいます。鋼を鍛える鍛冶士、刃をつける刃付士といった人です。
和食といっても関西と関東では刃物の形も違うのです。刃の作りも本焼きとかカスミとかがあります。鋼の材質も白紙か青紙とかがあります。奥が深い世界なのです。
大阪の堺に観光に行くなら包丁をお土産に!もしも大阪の堺に観光旅行に行くのでしたら包丁を販売している専門店に行くことをおススメします。もしも大阪に行くことができないけれども、良い包丁を買ってみたい、そうお考えの方は堺の包丁を取り扱うサイトを有効活用するのもいいですね。

大阪の堺は業務用の包丁の90パーセントものシェアを誇っているのです。この秘密は昔から続く伝統の製法を使っていることにあります。ここで作られた刃物は堺打刃物と言われているのですが、かなりの切れ味であるのが特徴です。
刺身などを切るときにはその切れ味の良さを堪能できます。
あまり切れない包丁を使いますと切り口がボロボロになりますが、ここで購入した包丁を使いますとボロボロになることなくなめらかな断面になるのです。そして余計な力を入れることなく切れますのでかなり安全性も高いのですプロの方がわざわざ足を運んでまで買うことも多いのですが一般の方も家庭用にということで購入していきます。
人気が高いのは三徳包丁です。
これは一般的によく使われるものであり、万能にどのような用途でも使えるのです。
自宅で使うものをこの時に買うのもいいのですが、友達や親戚のために購入するのもおすすめです。
工房を持っているお店でしたら自分の好きなようにカスタマイズしてくれます。そして名前なども入れてくれるのです。
デパートなどではなかなかないような珍しいものもありますしただ見ているだけでも楽しくなります。
包丁をあまり購入したことのない人にとっては選び方もかなり難しいように思うかもしれませんがお店の方が質問に答えてくれます。その人の用途を聞いて一番いいものを紹介してくれるのです。お店に行ったときには高いものを見てください。堂々たる風格に驚くはずです。包丁というものはものによっては一生使えるものです。研ぎは欠かせませんので購入するときには研ぎの仕方なども教えてもらうようにしてください。堺のお店を色々見てください。
今までに見たこともない素敵な包丁との出会いが待っています。場合によっては鍛錬の様子なども見られる場合もあります。新鮮な経験ができます。

Copyright(c) 2014 いろんな包丁の使い方や知識教えます。All Rights Reserved.