banner

洋包丁の種類

洋包丁の種類とスライサーの特長!

日本でもだいぶ浸透してきた洋包丁の存在ですが、その種類は多岐に渡り和包丁とはまた違った使われ方をしています。一般的にステンレス製であり、和包丁に比べてさびにくく比較的安価でク購入する事ができます。洋包丁には非常に多くの種類があり、用途に応じてそれぞれ形状や大きさの異なるものがあります。
これらを知っておくと用途に応じたものを選べて調理が便利になります。牛刀と呼ばれるシェフナイフが一般的に使われ、主に肉を切る時に用いられますが、様々な調理に使える万能なナイフです。シェフナイフを小さくしたペティナイフは皮むきや果物を切ったりに使え、さらに小さく果物の皮むきや加工、チーズのカットなどにも使われるパーリングナイフなどもあります。ピーリングナイフ・シャットナイフと呼ばれるものは薄めの皮の表面を剥いたり、細工や飾り切りなどを行うナイフです。非常に小さく刀身が三日月型をしています。骨スキ・ガラスキなどは肉を骨から剥がずのに使われ、ボーニングナイフと呼ばれています。日本での技術が活かされ片刃となっており、肉だけなく魚にも使えるようになっています。
色々と種類があるのでどれから使ったら良いか迷いますし和包丁でも代用が可能なものもあるので、和包丁の使用用途に無い独自のもので今持っている包丁から新たに付け加えやすい包丁としてはスライサーが挙げられますよくパンを切る時などに使われる刃が波状についているものです。ノコギリのように前後に引いて柔らかいものを切る時など適しており、あるととても便利です。
筋引と呼ばれるスライサーは大き目の肉を切る時などに適しており、カービングナイフとも言われています。こちらはハムなどを切り分けたり、刺身の切り分けにも使えるのでこちらもあると便利なナイフです。まずは身近で使いやすいものから揃えて、必要に応じて種類を増やして調理によってナイフを使い分けると、普段の料理も楽しくなります。

Copyright(c) 2014 いろんな包丁の使い方や知識教えます。All Rights Reserved.