banner

野菜の包丁

野菜を調理するための包丁の種類!

包丁にも切る食材に応じてさまざまな形状のものがあります。そして、野菜を調理するための包丁もあります。まず和包丁であると菜切包丁がそれに当たります。これはどのようなものであるかというと、刃が長方形のような形をしていてカーブがありません。野菜の鮮度を保ちながら調理することができます。そのため、まな板の上でたたくイメージで使用します。また、刃が薄いことも特徴のひとつとして挙げられます。刃が薄いことやカーブがなく直線的であることから、さまざまな下ごしらえや調理に使用することができます。大根のかつらむきやキャベツの千切りなども一本でできます。また、刃元が尖っていることからじゃがいもなどの芽をくりぬくときにも使用することができます。なお、鎌形薄刃と呼ばれる先端が丸みを帯びているものもあります。本格的な製品においては刃が鋼でできていることから錆びやすいというデメリットがあります。そのために、使用したあとに水分などをきれいに洗い流して水気を拭き取って乾燥させて保管することが大事なこととなります。なお、刃の素材にステンレスを配合している種類のものもあります。このような製品は錆びにくくて切れ味が良いと言えます。また、片刃ではなく、両刃の製品もあります。また、家庭において野菜だけでなく、魚や肉を調理するときに使用することができる三徳包丁もあります。そして、洋包丁としてはペティナイフが調理するために便利と言えます。これは牛刀と呼ばれる種類を小型にしたものでじゃがいもなどの皮を剥くときやカットするとき、さらには筋を取るときやフルーツ類をカットするときなどに便利と言えます。小型であることから細かい作業に向いていると言えます。このように調理するための包丁にはさまざまな種類があります。一本あればほとんどの野菜を調理することができる菜切り包丁と小回りが効くペティナイフを揃えることで素材のよさを生かして調理することができると言えます。

Copyright(c) 2014 いろんな包丁の使い方や知識教えます。All Rights Reserved.